気になるもの

2018/07/03

最近、気になるものは?とフィンランドのパルに聞かれた。

彼女はヨガに夢中らしい。

私の最近、気になるものは”ミニマリスト”です。

持たない暮らし、シンプルライフを追及する人、になるのかしら。

服や食器など必要最低限の暮らしをしている人のブログを

たまに読んで、

「エイヤ!!」と物を捨てる。

5年以上穿いていて、最近は穿いてなかった部屋着のズボンだったり、

カップ&ソーサで、カップはすでに割れ、

ソーサ(皿)だけ、小皿のように使っていた食器だったり、

使えればいいやと思っていたものたちだったけれど、

なんだか妥協している感じが生活に悪影響を及ぼしていたようで、

なくなってスッキリ。

流行を追った服装をしている人もいるけれど、

私はシンプルなTシャツにジーンズという格好で年中、問題ない。

寧ろ、それがとっても楽なんだよなぁ~と思っていたら、

こういうのを”制服化”というようで、

スティーブ・ジョブズのように毎日、同じ服を着ることを意味する。

日々は小さな選択の繰り返しで、小さなことでもエネルギーを使う、

どうせエネルギーを使うなら服を選ぶ以外で、ということらしい。

ものすごく合理的な考え方だと思う、

お洒落云々はもう放り捨てている気がするけれど。

でも、シンプルな衣装って、それだけでかっこいい。

それに耐えうるかどうかという問題は置いといて…。

ミニマリストの方々のブログを見て気づいた。

子持ち家庭のミニマリストなんて、いないじゃないか!ということに。

子どもがいるっていうことは、それだけで洋服がいっぱい。

胃腸風邪の季節にはトイレが間に合わず…と全着替えを日に3回、

ご飯を食べれば服を着替え…という生活では最低枚数10枚でも足りない!と

何度なったことか。

いまでは、ちょっとは洋服の枚数が減った気がするけれど、

子どもの持ち物でミニマリストは無理だわ~と気づく。

「消しゴムがなくなった!」と急に言ったり、

「のりが終わった!明日、いる!」と急に言う子どもたちに備え、

我が家は常に2つ、3つのストックを確保している。

我が家でできるレベルのことといえば、

ちょっとミニマリストの殺風景な部屋に触発されて、

片付けをするレベルだわ~と気づいた。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村