まもなく育休復帰から1年が経ちます。


去年の今頃は慣らし保育真っ最中で、仕事に復帰できることを嬉しく思っておりました。
まだ息子は8ヶ月で訳も分からないまま、保育園に通っていたと思います。まだハイハイしかできず、転がってばかりだったと思います。

最初の3ヶ月は週1回の勢いでお呼び出しが来ておりました。登園途中に吐かれたり、保育園から駅に向かう途中で電話がかかってきたりで、思うように仕事に行けませんでした。
こちらもまだ夜中の授乳があり寝不足の日々。
9ヶ月しか休んでないとはいえ、仕事のブランクもあってみんなについていくのも必死でした。昼休みにはトイレで搾乳したり圧抜きしたり。しんどいなと思うこともありましたが、なんとか乗り越えてきました。

夏を越えたあたりで夜中の授乳は自然となくなりました。というか、乳も張らなくなって、出も悪くなりました。代わりに寝る前にミルクを飲ませてました。

半年くらいすると、一晩しっかり寝られるようになり余裕が出てきました。仕事も産休前の感覚を取り戻して、もっと仕事も頑張りたいと思うようになりました。
…と思っていいた矢先に健康診断にて自己免疫性肝炎が見つかり、闘病生活突入となってしまいました。産後の無理が一気に出たようです。

週4日勤務にして仕事をセーブしてました。
保育園のおかげで、病院にも通うことができましたし、病状もよくなってきました。
3月からはフルタイム勤務に戻し、仕事と育児の両立をしています。

今になって1歳になるまで時短勤務を使ってもよかったかなと考えることはあります。もし、復帰を考えている方やこれからされる方がいれば体の無理はしないで欲しいと思います。仕事と育児の両立は体が健康でなくてはできないことだからです。
妊娠中の無理はもちろんダメですが、産後1年くらいまでは体もまだ本調子ではないはずです。周りの環境や体の調子を整えたうえで仕事に向き合うべきだったなと反省しています。
あの頃はフルタイム勤務にこだわりを持ちすぎていたと思います。

1年突っ走ってきましたが、やっと仕事と育児のバランスが取れてきたと思います。職場の皆さんにはとても助けられてきたと思いますし、夫の協力なしには続けてこられなかったです。
今の環境に感謝しつつ、これからは仕事の幅を広げたり、資格取得にチャレンジしていきたいです。

☆チャレンジ99日目終☆