Mavicは下にセンサーが2つ付いていて、コントローラーに対地高度が表示されるようになっています。

操縦者はその数字を信用してローパスなどを行うのですが、木の枝などは感知されにくいようで注意が必要です。

それに、いくらセンサーが信用できても、怖いものは怖いんです。

この恐怖を克服するには、とにかく飛ばしまくるしかないでしょう。

なんてったって、低い高度の絵はスピード感がありますからね。

広告