Fallujah-Dreamless

2018/01/07

f:id:wassao:20160728015631j:plain


米国産プログレッシブデスメタル、2016年リリースの3rd。

Unique Leaderから、メタル大手レーベルNuclear Blastへ移籍後の初リリースです。

前作のアトモスフェリックス方面への路線変更が、ドンピシャ功を奏しましたね。

そんな感じで新ジャンルを開拓しちゃった草分けバンド様でございます。

 

さて大手進出しました今作ですが…

Q : 前作で魅せたプログレデスmeetsアトモス路線は今作も健在なのでしょうか。

A : Yes、健在です。

てことで、バリバリにアトモスってバリバリにプログレデスってます。

あー、良かった良かった。

せっかく見えてきた軸を無視し「ジャンルに縛られたくない」を呪文の様に唱えた挙句、底の見えない沼に自らダイブしていく困ったさんが後を絶たない現代社会ですから、本当に良かった…。

むしろプログレ・アトモス両要素が増しております。

前作では、プログレデスにアトモスをえいっと乗せたサウンドでした。

今作は、バンド・聴き手もろとも宇宙空間にえいっと放り投げ出されたかのようなサウンドです。

ジャケットに描かれている巨人の掌の上で、宇宙の神秘性と恐ろしさを見せつけられているかのようです。あのワカメみたいなのが手なのかはわかりませんが。

アトモス要素が増えたことで、音がぬるくなったなんてこともありません。むしろ静と動の緩急で生ハムメロン現象が起きてます。

というか、余分な贅肉を削ぎ落とし、よりシャープな仕上がりになったと言うのが妥当。

そしてプログレッシブさが増すことで聴きにくさも増すかと思われがちですが、案外そんなこともないという。個人的には前作よりも耳馴染みがいい気がする。

#1はSF映画でも始まるんちゃうかなと思わせるほど壮大な入り。その中にリズム隊が加わり、さらに暴虐性の高いグロウルVoが混じり…。

これが俺たちだ!みたいなFallujahアンセムと言っていいんじゃないでしょうか。

それとは一転#2では、リズム隊が手数で攻め立てるテクニックと凶暴性を一発かましてくるサウンド。

#3は、イントロから既に良曲の匂いが漂う、珠玉の生ハムメロン曲。静と動、男声と女声、この四つ巴のバランス…鳥肌ブァァ…です。本当に女性Voが物凄く良いアクセントとなっております。生ハムメロンです。スイカに塩でも良いです。

生ハムスイカ塩メロン曲認定です。

何とも妖しく艶かしい入りが素敵な#5、おしゃんてぃーインストの#6と続くのですが、どの曲も惚れ惚れしてしまう聴き心地の良さ。複雑かつ暴虐的なのに、不思議です。

そして最後の#12は、これが集大成やと言わんばかりに、力のこもった演奏をぶつけ、空間と同化したかのような女声が漂う一曲となっております。

頭振って踊るメタルというよりも、じっくり聴いて沸々と内なる力を滾らせるタイプのメタルです。

頭振れと言われても多分Meshuggah以上に困ると思います。

 

遠い未来には、火星への道中でスペースシャトルに乗りながら音楽を聴く時代が来るんでしょうねぇ。

今はまだ宇宙飛行士の道を志すしか方法は無いですから、我慢です。

宇宙飛行士の方がこのブログ見てるなんていう天文学的レベルの珍事が起きない限り、我らが身分は大人しく電気を消した部屋で室内プラネタリウムでも買って、しみじみ聴きましょう。

 

論 : JAXAの志望理由で「宇宙でFallujahが聴きたいからです!」とか口滑らすと試験落ちるから気をつけて下さい。

 

-------------------------------

【トラックリスト】

1.Face of Death

2.Adrenaline

3.The Void Alone

4.Abandon

5.Scar Queen

6.Dreamless

7.The Prodigal Son

8.Amber Gaze

9.Fidelio

10.Wind for Wings

11.Les Silences

12.Lacuna

 

【YouTube】

3.The Void Alone

youtu.be

 

【Amazon】

Dreamless

Dreamless

  • アーティスト: Fallujah
  • 出版社/メーカー: Nucle
  • 発売日: 2016/04/29
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 

-------------------------------

 

 

 

 

 

 

こんばんは…ざっきーです…

 

 

 

 

 

 

昨日、とうとう出ました…

 

 

 

 

 

 

 

ゴキブリさんです…

 

 

 

 

 

 

 

 

帰宅した瞬間に目の前をサササッと横切って行き

 

 

 

 

 

 

 

洗濯機と壁の間に入って行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

はーとうとうか、とうとう出ましたか

 

 

 

 

 

 

 

ゴキジェットあったっけなと探してる間も

 

 

 

 

 

 

 

 

カサカサカサカサと背筋が凍るような音を立てていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴキジェットが見つかり、用途の通りに隙間に2秒ほど噴射し

 

 

 

 

 

 

 

また違う角度で2秒ほど噴射したところ

 

 

 

 

 

 

 

とても大きいカサカサカサカサという音が聞こえましたが、

 

 

 

 

 

一向に出てこないので、洗濯機をどかして見てみることにしました…

 

 

 

 

 

 

そうすると、洗濯機と壁の間で息絶えていました。

 

 

 

 

 

 

ゴキジェット最強!もしくは、もう秋も近くてゴキブリが弱ってただけかもしれない!

 

 

 

 

 

兎にも角にも殺したぞーー!!と喜びました(笑)

 

 

 

 

 

メスだと死ぬ直前に卵を産むみたいですが見たところなかったので

 

 

 

 

 

一応保険で辺りをウェットティッシュで掃除をしておきました。

 

 

 

 

 

ゴキブリさんは、カップラーメンの容器にとってちょっとした林に投げ込みました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

でも、ゴキブリは1匹いたら100匹いると思えみたいなことを聞いたのですが…

 

 

 

 

 

 

 

まだ、家の中にいるんですかね…

 

 

 

 

 

 

100匹…

 

 

 

 

 

 

ヒェーーー(>_<)

 

 

 

 

 

 

地元が田舎なので虫とか余裕だったんですが、

 

 

 

 

 

 

すっかり耐性が無くなりました(泣)

 

 

 

 

 

ゴキブリ以外はまだなんとか大丈夫ですが…

 

 

 

 

 

 

 

とにかく、この時期にゴキブリと格闘をして

 

 

 

 

 

無事に家の中の平和を保ったという報告でした(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ…100匹いるのかもしれない…

 

 

 

 

 

 

それでは…また… See you…

 

 

なんで正月にこんな事書いてるんだろうか・・・。


長年Javaをやっていても、「検査例外」と「非検査例外」の使い分けにコレと言った答えが出ない。


個人的には「検査例外」を好む。
誰かが作ったプログラムの「非検査例外」をcatchしないといけない状況に陥ると面倒臭い。
Javadocに書いてくれるなら「非検査例外」でもいいんだけど。


自分の大嫌いな言葉にAPIというのがある。
自分は「非検査例外」も含めて仕様だと捉えている。
APIっつーか、「仕様」とは何かを考えた時に、例外が起こることも仕様なのだから、
「検査例外」だけ仕様化されても困るということだ。


簡単な例だとInteger.parseInt(String)がNumberFormatExceptionを投げなくなったら
ほとんどのシステムは動かなくなるだろう。


通常RuntimeExceptionはJavadocに書かれることがほとんどないが、
Integer.parseInt(String)については、Javadocに明記されている。
Javadocだけでなく、シグニチャーとしてthrowsにも書かれている。


「非検査例外」についても仕様として明記されてないといけない。


「回復可能」か「回復不可能」という点で「検査例外」と「非検査例外」を分ける話はある。
しかし、ログ出力なり、画面へのエラー出力なりが求められることが多く、
より詳細な状況を伝えるために「非検査例外」をcatchせざるを得ない場合が多い。
呼ばれる側のクラスの設計(思い)のみで非検査例外にすべきかの決定をしても、
実際にそれが良い設計であったかを知ることは難しい。
また、作ってる会社・組織などが異なることで
「検査例外」「非検査例外」の設計方針の一貫性を保つことは不可能だと言える。


「検査例外」はtry-catchをするか、throwsに書くかが求められる。
try-catchで読みにくいコードになる話はあるのだが、
これは「機能」の話ではなく、「コードの保守」に関する点で論じられている。
try-catchばかりで読みにくいというのは確かにあるが、
その箇所でtry-catchせねば出せない情報があるのも確かだ。
出した方がいい情報を出さないのは阿呆のすることだ。
多くのデバッグをさせられる羽目になる人ってのは、
解析を可能とする意味のある例外を投げようという傾向が根付くのではないだろうか。


throwsで書かれている「検査例外」が変更になったら、コンパイルし直しだ。
全てのコードを管理しているのであれば、コンパイルの問題はCIなりで簡単に検出可能だろう。
誰かが提供しているJarが変わってthrowsが変わったことによりコンパイルエラーになった場合、
使っている側はなんと言うだろうか。大抵の場合、苦情を投げるだろう。
非推奨メソッドに変わった場合についても苦情があるかもしれない。


CheckStyleのJavadocMethodsでallowUndeclaredRTEというのはデフォルトfalseになってる。
Javadocに@throwsで書いて、throws宣言していないRuntimeExceptionを許すか否かだ。
「非検査例外」をJavadocに明記するのであれば、シグニチャーにも書くことを求めてる。


自分は「非検査例外」を文書化したいと考える性質なので、
Javadocに書きたい、しかしシグニチャーにまで入れたいかというとそうでもない。
シグニチャーに「非検査例外」が宣言されていることの意味はほとんど無い。
(eclipseのF3で飛んでった時に分かりやすいくらいか。)
そういう場合、上記のCheckStyleはfalseにした方がいい。
まあ、実際そうしてるかというとやってないんだけど。。。
「検査例外」「非検査例外」に関しては関心が寄せられることも少なく、コンセンサスを得ることも難しい。
呼び出し先の「非検査例外」を全て記述すべきか否かという話になってしまう。
厳密な仕様という意味では、記述すべきということになってしまうだろう。
ただ、リファクタリングしているうちに、そのJavadocは陳腐化するのが目に見えているので、
せいぜいメソッド内で投げてる「非検査例外」をJavadocに書くという程度におさめるのが現実的だ。


メソッドの呼び出し側は、呼び出し先のメソッドのシグニチャーをクラスファイルに保存してはいるが、
throwsの箇所はシグニチャーとして保存されていない。
catchした場合、各メソッドのException Tableにその例外クラスは登場するのだが、
それはシグニチャーとして保存されているわけではない。
コードを書いていると、飛んでこない「検査例外」をcatchしようとすると通常コンパイラがエラーにするんだけど、
実行時にthrowsの箇所が合わなくても例外は起こらない。
「検査例外」が減っても大丈夫、「検査例外」が増えた場合は、catchされることなく呼び出し側へ例外が届く。


java.lang.Errorについては、普通はどうしようもない時に出るので通常はcatchしない。
ただ、catchしてはいけないということではない。
java.lang.Errorでcatchするのはやらないが、特定のErrorについてならやってもいい。
意外と実際の開発でもErrorはバンバン出力されている。
追加情報を出せそうな箇所は、一回catchしてログを出すようなことはある。
その後は別にre-throwでも構わない。
あくまで、これは開発時のデバッグの利便性という観点でコードを書いてるスタンスだ。

空間

2018/01/06

以前は図書館で本を借り、週末にまとめて読むことがありましたが、しばらく図書館からも遠ざかり、財布の中の貸し出しカードも、さぞかし寂しがっていることと思います。

一応、本棚(とはいってもカラーボックスですが)に幾分かの本があり、それはハードカバー、ソフトカバー、文庫、新書まで、背表紙を追えばカラフルなものです。

数年前に読んだ本で印象に残ったもので、脳梗塞により、空間認識能力が欠けた際の様子について書かれた文章がありました。自分の体の境界線が認識できなくなり、自分と他の物体との距離感がなくなるとのことでした。

体験してみなければ、そうした状況をイメージすることも困難ですね。

今晩は雪の予報。今は青空が広がる空間から白い雪が降るのは簡単にイメージできますが。。。

 

 

 

f:id:brachiodesign:20170603105023j:plain

 


この記事は私の食べ歩き経験ではなく、自分が食べ歩く機会の無い地域の情報を他から聞いたものになります。 ご存知のお店であれば補足やコメントしてもらえると嬉しいです。


 


店名:中華そば 坂本(岡山県笠岡市中央町34-9)


 

笠岡ラーメンは別名がかしわラーメン。

スープは豚骨や魚介だしを使わない鶏がらスープのしょうゆ味です。斜めに切ったネギとメンマに加え、チャーシューの代わりに柔らかく煮込んだ鶏肉を入れているのが特徴。

 

いわば鶏づくしですから、かしわラーメンとも呼ばれるようになりました。麺は細めで少々、柔らかめ。

 

煮込んだ鶏肉は塩味を効かしており、あっさりしたスープとよく合います。坂本は笠岡ラーメンの発祥店で修業して開業されています。

 

伝統の味を伝える老舗中の老舗

発祥店は既に閉店していますから、伝統の味を伝える老舗中の老舗。笠岡市はラーメンの街をアピールして地域おこしをしており、真っ先に名前が上がるのがこの店です。豚骨ほどこってりせず、魚介スープよりは濃厚で、毎日食べられる味だと地元の人はいっています。

 

瀬戸内は中国地方も四国地方も岡山ラーメンや徳島ラーメンのようなこってりした豚骨しょうゆ味か、瀬戸内ならではの魚介スープを生かしたあっさり味のラーメンが多いのですが、笠岡だけが鶏づくしのラーメンで際立った特徴を持っています。朝早くから開店し、昼過ぎの午後2時半か3時ごろには閉店してしまいますが、意外にあっさりしているので、遅い朝食でも食べられます。

 

それでいて煮込んだ鶏肉には塩味が効き、しっかりとした味付けです。ラーメンといえばチャーシューがつきものですが、ここまで鶏肉がラーメンに合うのは驚きといえるほど、合っています。鶏の味を最大限に引き出し、ただの鶏がらスープのラーメンとはひと味違うコクを出せているのは、チャーシュー代わりに煮込んだ鶏肉のおかげでしょう。

 

朝の9時ごろから営業?箱に支払って勝手にお釣りを持って帰る!!

店内は古い食堂という雰囲気で、テーブル席とカウンター席を合わせて20席足らずの狭さです。朝の9時ごろから営業しており、お昼前には店内がいっぱいになります。

 

料金は田舎の農産物直売所のように無造作に置かれた箱の中に客が料金を入れ、勝手にお釣りを持って帰る方式。のどかな農村地帯だからか、つり銭をごまかされることもほとんどないそうです。夫婦2人で経営していますが、注文してラーメンが来るまであっという間で、手際よく調理してくれます。

 

黙々と調理を続ける旦那さんの前で、奥さんはにこやかに話しかけてくれます。本当にのんびりとした田舎の食堂で気さくな店主と世間話をしながら、食事を楽しめるような雰囲気に包まれています。

 

鶏の味がよく出たスープからいただくのが地元の人の食べ方だとか。それから麺をいただき、そのあとで煮込んだ鶏肉といっしょに麺をほおばると、また違った味わいが生まれてきます。

 

JR笠岡駅の近くの中心街

店はJR笠岡駅の近くの中心街にあります。ちょっと分かりにくい場所ですが、地元の人ならだれでも知っていますので、駅で聞けば迷わず行くことができます。店内はテーブルも椅子も昭和の感じを残した古いもので、まるで映画「3丁目の夕日」の世界にタイムスリップしたような雰囲気。

 

隣の席にいた常連さんに聞くと、朝早い方がスープにコクがあり、昼過ぎになると少しあっさりして薄くなるそうです。地元のラーメン好きは濃い味がお好みなら朝早く、あっさり味が好きなら昼過ぎに訪れているようです。

※こちらのお店は2013年7月末で閉店しました。(鎌倉店御成店と合併)


先日用事があって藤沢へ行ってきました。
少し早めに到着したので、駅周辺をぷらぷらと散歩していたところカフェを発見。
駅から徒歩3分ほどのところにある、りせっとかふぇにちょっと入ってみました。
外では野菜などを販売しています。
f:id:yummy21:20111205183517j:image:w400
明るい店内です。
一人でも入りやすいカフェです。
f:id:yummy21:20111205183320j:image:w400
壁に向かって座る席は一人客にとっては落ち着いて良いです。
f:id:yummy21:20111205183346j:image:w400
本も置いてあって快適。
もちろん普通のテーブル席もあります。
f:id:yummy21:20111205183417j:image:w400
こちらのカフェは、何種類かの薬膳スープの中から自分の体質に合ったスープを選ぶことができます。
寒体質の人向けで、体を温める効果のある「かぼさとすーぷ」にしました。
まめセット 500円を注文。まめセットには、薬膳スープ+パン+飲物がついています。
早めのランチにはちょうどいいかも。
f:id:yummy21:20111205183446j:image:w400
かぼさとスープには、れんこん、かぼちゃ、ブロッコリーなど野菜がたっぷり入っています。
そして食べているとお腹のあたりがぽかぽかしてきました!!何が入ってるのだろう??
塩分も控えめで、やさしい味です。
コーンパンがついてきました。パンは温めてあり、ビニール袋に入ってきました。
飲物は珈琲にしましたが、おいしかったです。
偶然入ったのですが、和める良いカフェでした〜。ごちそうさまです。

りせっとかふぇ 藤沢店

食べログりせっとかふぇ 藤沢店

  • ジャンル:カフェ
  • 住所: 藤沢市鵠沼橘1-1-18 ファーストテラス鵠沼 1F
  • このお店を含むブログ (1件) を見る
  • (写真提供:nekonokaze)
  • りせっとかふぇ をぐるなびで見る | 藤沢の喫茶・軽食をぐるなびで見る

昨日は素晴らしき、仲間と寒川神社でお参りをして、そのあとジョフクに関わる大磯の神社でジョフクの徐霊を雨のなかしました。

そして今日は大磯の海岸、ジョフクが上陸した地で徐霊をします。

大荒れの天候といい、素晴らしきお清めになりました。

雷神、風神、龍が皆参加しました。

そして夜はホテルで、ワークのプレゼント。

中戸川君、蓮尾兄貴、山川さん皆さんに喜んで頂けました。


しっかりと伏流水のご報告をしました。
そして偶然この日は雅楽の演奏がありました。
雨の中で短めの奉納演奏でしたが、風の音気配と雨の音気配と湧き水の流れる音気配が
一致して、素晴らしい自然界とのコラボでした。

そして、景子が又魂の道を更に進んで、くれました。

良かったです。

そして魂が、自然界と更に共に磨かれていく事に、喜びと感動を覚えます。

もう絶対に、魂に嘘をつく生き方を、人はしてはいけない時に、いよいよ入ったのだなと、実感しました。

そして直接、意図を持たない、戦略をたてない、全てが神から与えられる、そのループを実践したときに、いつの間にかフアッと動いて行くのだと、実感しました。




Android携帯からの投稿

こんにちわ、にしおです。
happiness aromaにお越しくださいましてありがとうございます。

こんなのを電車で見つけました。
本日はこんな感じ。
f:id:pepeuna1320akc:20170609105115j:plain
はじっこにちょこっとアロマテラピー導入…って書いてあります。
カイジの作家さんが書いているのかと思いきやスピンオフ作品なんですね。
公式サイトで一話だけお試し読みができますが、
真面目に笑いを誘われる不思議な空気感でした。

どうやら主人公の利根川さんは中間管理職なので、いろいろ試行錯誤する中でアロマにたどり着いたのでしょうか。
俄然興味惹かれます。

食事後ってねむい

お昼ご飯を食べた後ってなんであんなに眠くなるのでしょう。
どうやら食事の消化に体がかかりっきりになって、脳の働きがセーブされるようです。
動物的には正しい働きですね。
食べた後は安全な場所でなるべく早く消化をするのが野生では普通に思えます。

食後は炭水化物や糖質の吸収により血糖値が上昇します。血糖値が上がると、糖を体に取り込む働きをするインスリンというホルモンが膵臓から分泌されて、血糖値が下がっていきます。

このインスリンを分泌する膵臓(すいぞう)が疲労している場合、インスリンの分泌量のコントロールがきかず過剰分泌になり、血糖値が下がりすぎて低血糖になってしまうんです。

ドカ食いや早食いで急激に血糖値が上がった場合も、インスリンが過剰分泌されて低血糖になります。

低血糖になると脳の栄養分であるブドウ糖が少なくなってしまい、脳の活動も鈍くなってしまいます。

つまりこの低血糖の状態が、昼食後の眠気を引き起す原因になるんですね。

昼食後の眠気を解消!オフィスでできる簡単眠気覚まし対策6選 | 睡眠・快眠情報ブログ

上記のサイトでは、オフィスでできる簡単な目覚まし方法がいくつか紹介されています。
お時間に余裕がある方は昼寝してしまうのが一番の解決方法ですね。

とはいっても、なかなかできない状況のほうが多いのではないでしょうか。
うちの会社もなぜか女性休憩室はあるのですが男性休憩室はありません。
お外のベンチや休憩スペースでがっつり寝ている方も多く、つわものは自席で寝てたりします。

そのほか、ドリンクやらガム、錠剤を服用することも書かれていますが、
個人的にはお勧めしません。
だってめっちゃ化学調味料含有なんですもん。
いや、たまに食べますけれどそんな常用はしないほうがいいなと思います。

集中したいときには

食後に限らず、集中したいときには
ペパーミントです。
f:id:pepeuna1320akc:20170609104756j:plain

これはディフューズするだけでもかなり違います。

にしお、密かに職場でアロマをディフューズしているのですが、
ペパーミントをディフューズしているときに、近隣デスクで居眠りしている方は見たことありません。
それどころかみなさんだいぶ作業に集中できているようで。
明らかにパフォーマンス上がってます。
陰ながらの貢献、ほめていただきたいくらい。

いつものように手のひらに一滴たらして手をお椀上にしてお鼻を囲んで深呼吸をすれば、
想像以上の爽快感を得られます。
にしおは長距離運転時にいつも助けられています。

もし、ヤングリヴィングのアロマをお持ちでしたらお勧めしたいのは
一滴舌下にたらせばフリスク100粒分の目覚まし効果(笑)!
ほんとうにそれくらい強烈ですが、意外とおいしいです。

ペパーミントは効果てきめんですので、お試しあれー♡

昨日は久々に、オフラインで二本セッションをしました。ソエジマどんが東京に来たのだ。

シナリオタイトル:混沌こそ我が墓碑銘-Epitaph- システム:NOVA-X RL:コバヤシ

田中くん:"赤(ルーフス)"ダニエラ・アレッセ:25歳女性 異界の生物"火鼠"を操る能力を持つ、聖母殿の機甲聖人。確信に満ちた飄々とした態度の裏に、圧倒的な異能と強い信念を隠し持つ炎の魔女。

Braveoneさん:ヘルドラゴンキング:30~40代男性:レッガー◎チャクラ●カブト NOVAで最も熱い格闘技”アルティメット・スモウ”のチャンピオンであり、スポーツエンタテインメント界の魔王。圧倒的な人間力を駆使し、大衆の望むイメージのままに太く強く生きていくプロ・ヒール中のプロ・ヒール。

ソエジマさん:"シルバールーキー"三條当麻:18歳女性:クグツ◎カリスマ●チャクラ 千早に忠誠を誓った祖父に憧れるも、ドブ色の現実に首をひねり気味な真・ゆとり世代。理想と違った世界に傷つけられつつも、より良い明日を夢見て走り続ける銀色のジュブナイル。

という訳で、今年最後のオリジナルシナリオを仕上げて遊びました。「軽めのシナリオにしようかなー」とか最初は思っていたのですが、書き上げてみると量的にも内容的にもズッシリした仕上がりになってしまい、二本目のプレイ時間を圧迫することに。

さすがに練達のPLによるオフライン三人プレイであり、お互いのやりたいこと・やってほしいことをテレパシーのように高速で了解しつつ、高速・高密度のトスとレシーブを繰り返すプレイングに関心。みんなウメェわやっぱ。

巧さだけではなく、技術ではなく感情でシナリオに乗っかるモチベーションの高さもあって、RLとしては嬉しい限りです。巧さ以上に、本気で楽しめるっていうのは楽しいセッションにおいてスゲー大事だと再確認しました。

 

時間が圧迫される中、予定通り田中くんのカミガカリを立てる方向でレッツゴー。

シナリオタイトル:ある魔術師の物語 システム:カミガカリ GM:田中くん

ソエジマさん:鬼塚鬼一郎:50歳男性:アークスレイヤー/エルダーメイジ キリスト教を主題とする作家であったが、神銃と接触したおかげで教会のカミガカリとして世界の裏側を覗きこむ羽目になった中年。バケモノ絡みの事件は表に出せないので、冒険をこなしても執筆は進まない。

Braveoneさん:火我真言:18歳男性:エルダーメイジ/ダークハンター 魔道の名門火我の一門に生まれるも、無能力と蔑まれる日々を送っていた青年。旧神の力を宿したロシアン・ルーレットと出会い、火炎魔術に覚醒する。うろおぼえろお兄さまロールが胡乱に冴え渡る、一見高慢な好青年。

コバヤシ:ID:20代男性:ダークハンター/デジタルソーサラー 情報屋を表の顔とする長身痩躯の黒人青年。カスタマイズした大型バンで街を疾走し、情報を買ったり売ったりしつつ街の秩序を維持するinformation Dealer。何故黒人が日本国の退魔機関に所属しているかとかは謎。全て謎。

今年二回目のカミガカリは、オーソドックスで素直な悪魔退治シナリオ。組織間対立の気配あり、晴れない疑惑あり、素直な中に心地よいスピンのかかった、なかなか面白いシナリオでした。

自分は自然体というか、『上手くやろう』という力みがなくプレイ出来た感じでして、非常にリラックスして楽しめました。キャラ設定をコリコリ考え、成功のイメージ満点で挑むのも面白いですが、ふらりのらりくらりと、肩の力を抜いて遊ぶのもなかなか良いですね。

個人的には『カミガカリの身の丈』みたいのが体感できたセッションであり、どのくらいの超人っぷりで遊ぶと、システム的に保証されてるキャラの強さとしっくり来るのか分かった気がします。掛け合いとかも、どのくらいの泥臭さで球を投げると世界観・データバランス的にしっくり来るのか、手応えがあった感じです。同卓してくれたみなさん、ありがとうございました。